「白馬村住民登録拒否」とは

back2hakuba_default-cacth

2010年9月、小学5年生の男の子(A君)が、
長野県白馬村に離れて暮らす父親(堤則昭さん)の元へ、
東京から助けを求めて来ました。

A君が身を寄せた家はもともとA君が暮らしていた家であり、
A君は帰宅したにすぎません。
2004年に母親はA君を堤さんのもとから連れ去りました。
日本はいまだに離婚・未婚時の単独親権制度を維持しているので、
離婚裁判の末に、堤さんは親権をはく奪されました。

母親の元では堤さんへの思慕を否定され、
父親と希望通り会わせてもらえなかったことが
A君の行動の大きな要因です。

ところが村は、A君の住民登録を拒否して
A君への住民サービスを提供しませんでした。

さらに堤さんに親権がないこと等を理由として、
白馬村教育委員会は小学校転入を拒否しました。
体験入学扱いとして通学は認めたものの、
教科書も成績表も与えないように小学校に命令しました。

堤さんは、養育費の強制執行によって、
A君の養育費を母親に払い続けたまま、
A君の子ども手当は受給できませんでした。

A君の学用品を揃えるのにも苦労することになりました。

堤さんは、2012年秋、
1 村の住民登録の拒否、
2 子ども手当の不支給、
3 教育委員会の入学拒否、について、

それぞれに損害賠償の行政訴訟を起こしました。

この間の経過については、以下

週刊金曜日2013.1.11(925号)
宗像充
白馬村住民登録拒否問題
「ぼくだけなぜ教科書もらえないの」

http://dokuzetu2.ken-shin.net/l2208hakubamurajyuumintourokukyohi.html

2014年3月31日、
長野地裁松本支部の長谷川武久裁判官は、
1 住民登録の拒否、
2 子ども手当の不支給の裁判で父子の訴えを退けました。

裁判所はA君の帰宅を妨害し、自らに原因のない、
親の法的な身分の責めをA君の一身に負わせたことになります。

4月11日、堤さん父子は控訴しました。

このような判決を容認することは、
親権者による子の住民サービスの妨害、
という明らかな親権の濫用を許すことにつながります。

私たちは白馬村の不法行為とそれを見逃すことで
連れ去りを容認した自らの決定の過ちを
もみ消そうとする裁判所を許すことはできません。

私たちは「白馬村・子どもの帰宅権を実現する会」を結成しました。
私たちは、白馬村が堤さん父子に謝り、
きちんと2人が受けた損害を補償するように求めます。